タイムスタンプ

準備

Acrobat Readerのインストール

PDFファイルを表示するソフトウェアとして、Acrobat Readerのインストールが必要です。Acrobat Readerは、政府・自治体・企業でPDFを読むための標準的ソフトウェアとして指定されています。Acrobat Readerでは、PDFファイルにタイムスタンプが付与されているのを確認することもできます。

Adobe Reader※Adobe Readerはアドビシステムズ社の無料配布製品です。

kintoneアプリの構築上の注意点

  1. フォームの編集で、以下のフィールドを追加してください
    • タイムスタンプ付与前のPDFフィールド(添付ファイルフィールド)
    • タイムスタンプ付与後のPDFを保存するフィールド(添付ファイルフィールド)
    • タイムスタンプが付与された日時を保存するフィールド(日時フィールド)
      ※「レコード登録時の日付を初期値にする」のチェックを外してください
    • タイムスタンプの有効期限を保存するフィールド(日時フィールド)
      ※「レコード登録時の日付を初期値にする」のチェックを外してください
    • タイムスタンプを付与したユーザーを保存するフィールド(ユーザー選択フィールド)
      ※付与したユーザーが自動的に入りますので、初期値を登録しないでください。
    • 一括ダウンロード、まとめてレコードロックに使用するフィールド(日付フィールド)
      ※「レコード登録時の日付を初期値にする」のチェックを外してください
    • (参考)
      フォームの編集で、追加をお勧めするフィールド
      ・参照用などタイムスタンプしないファイルを保存するフィールド(添付ファイルフィールド)
      ※タイムスタンプできるファイル数は、1レコードにつき1つになります。複数のファイルがある場合など、補足資料を添付するフィールドになります
  2. プロセス管理で、「プロセス管理を有効にする」にチェックし、以下のステータスを追加してください。
    • タイムスタンプを付与する条件となるステータスを追加してください。(例:申請中)
    • レコードをロックする条件となるステータスを追加してください。(例:完了)
      ※ロックするステータス時のプロセスを設定する際、作業者に「Administrator」を追加し、作業者タイプに「次のユーザーのうち1人」を選択してください。
    • プロセス管理で、プロセス管理を有効にし、以下のステータスを追加してください。
  3. APIトークンを生成してください。
    • APIトークンのアクセス権は、「レコード閲覧」「レコード編集」を設定して下さい。
    • APIトークンを生成してください。
無料お試しの申込み 有償申込み